忍者ブログ
もはや、ふっくらしているのは、ほっぺだけじゃないんだぜ…?( ・`ω・´)
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


チョコプリン作りました↓
48fba583.jpeg










(またラップ済み…)


〈材料〉 (直径5.5×高さ5.5㎝の耐熱プリンカップで5個分)
・板チョコレート(ビター) 60g
・板チョコレート(ホワイト) 適宜
・溶き卵 1個分
・卵黄 1個分
・生クリーム 大さじ4と1/2
・牛乳 3/4カップ
・グラニュー糖 小さじ1

〈作り方〉
① ボウルに溶き卵、卵黄、グラニュー糖を入れて混ぜる。

② 小鍋に牛乳を入れて火にかけ、沸騰直前で火を止める。
(Pは、電子レンジの牛乳あたため機能を使用。70℃に設定。)

③ ビターチョコレートは細かく刻んで耐熱ボウルに入れ、生クリームを加えてラップをかけ、電子レンジで約1分加熱し、混ぜて溶かす。
f7abf11c.jpeg










 (画像はビターチョコレートじゃないんだけれど…、ガーナはちょうど60gです/笑)


④ ③で溶かしたチョコレートに、温めた牛乳を少しずつ加え混ぜる。

⑤ ④を、①の卵のボウルに少しずつ加えながら混ぜる。プリンカップに小さめのざるでこして入れる。
(Pは茶こしを使用)

⑥ 厚手の鍋にふきん2枚を敷き、ひたるくらいの湯を入れ、火にかける。

⑦ 沸騰したら、⑤のプリンカップを並べ入れ、ふきんで包んだふたをし、弱火で約8分蒸す。
ff334818.jpeg










 (Pは鍋の中にふきんを使用せずに蒸しています。※ふたは必ずふきんで包んでください。


⑧ ふたをはずしてみて、表面が固まっていたら再びふたをし、火を止めて15分おく。

⑨ 熱いので注意して取り出し、粗熱をとって、冷蔵庫で約1時間冷やす。
3292c3e1.jpeg










⑩ ホワイトチョコレートをスプーンで削り、上にのせる(一番最初の画像参照)

出来上がり。1個分⇒182kcal。


Pは耐熱ガラスカップを使用していますが、アルミ製のプリンカップがあれば、そっちの方が見た目が良いかもです。


PR
先に申し上げますと、失敗しました…。

オーブンがなくても、フライパンで作れます☆彡

ココアバナナケーキ
c47d90bc.jpeg











既に、バナナが確認出来ません…(/(エ)\)キャー


*材料*(2匹分)

・バナナ(1cmの輪切り) 2本
・砂糖 100gと70g
・水 大さじ2
・卵(割りほぐしたもの) 2個
A 牛乳100cc / 生クリーム40g
B 薄力粉130g / ココアパウダー20g / ベーキングパウダー小さじ2
・バター(食塩不使用) 10g


*作り方*
① フライパンに砂糖(100g)と水を入れ、カラメル色になるまで焦がし、バナナを加え絡める。

49eef83c.jpeg











はじめ、ふつふつしていますが、だんだんお砂糖の結晶みたいになってきました。

それでもそのまま弱火でじっくり時間をかけて焦がしていきます。

茶色く色づいてくると、再び液状に戻ります。

630d7694.jpeg











そうなったら、バナナを入れ、絡めます。

② ボウルに卵と砂糖(70g)、Aの順で加え混ぜる。
そこにBをふるい入れて混ぜ、①のカラメルバナナを加えさらに混ぜる。

③ フライパン(直径18cm)にバターを熱し、②を入れ、フタをして焼く。
(弱火で20分~→裏返して弱火10分~)
焦がさないよう、火加減に注意。
表面にブツブツが現れて、乾いてきたら裏返すタイミング。


Pは裏返すのが早かったらしく、ひっくり返すのに失敗しました。

バナナも本来の姿ではカタチが残って見えている筈なんですけど…まあ、味が良ければ!


参考:L25に載ってたやつです。


 
男気溢れるPのお菓子作りな世界へようこそ。

今日はニンジンの優しい甘さ、にんじんクッキーです。

c81495d3.jpeg










『にんじんクッキー』 (1人分約254kcal)

●材料(6人分)
・バター 100g
・砂糖  50g
・卵白  1個分
・薄力粉 150g
・ニンジン   (すりおろし)1/4カップ
・レモンの皮 (すりおろし) 少々

c6db0584.jpeg










●調理時間  約25分(焼き時間除く)

●つくりかた
①バターを室温か電子レンジ(Pは20℃に設定)でやわらかくしてボウルに入れ、砂糖を加えて泡立て器でクリーム状になるまで混ぜる。
0cf1f098.jpeg










(砂糖を加えると水分が出てきて混ぜやすくなる)
全体的に白っぽくなるまで、よく混ぜます。

②そこへニンジン、レモンの皮、卵白の順に加えてよく混ぜる。
(レモンの皮を入れる事で風味が出ます)

③粉ふるいに薄力粉を入れ、②にいっきに振るい入れる。
木べらで生地を切るようにサックリと混ぜる。

※オーブンを180℃に温める。

④天板に、③の生地をスプーンですくって丸めながら落としていく。
(2本のスプーンを使い、すくった生地をもう1つのスプーンで落とす感じ)

⑤180℃のオーブンで15分焼き、160℃に落としてさらに13~15分程焼く。
(オーブンによって焼き加減に違いがでるので、様子を見ながら焼くこと)

出来上がり。


お味は、焼きたてだからか、Pにしてはオイシイ!

しかも今回は硬くならなかった(笑)

バターが入っているので生地がけっこうふくらみます。

所要時間、焼き時間を除いて25分、と書きましたが、Pがかかった時間は約1時間…とほほ。

要領悪いのでしょうか…。

Pの写真では大きいクッキーですが、実際に作るときは、もっと小さめのサイズにした方が良いようです。

焼き時間+10分かかってしまいました(苦笑)

江戸の味覚は「三白」…白米、豆腐、大根に集約されるそうです。

淡白ですが、素材そのものの味を堪能するのが江戸っ子の舌。

…という事で、Pも江戸の味に挑戦してみました!

『大根塩ぞうすい』
3c5722f2.jpeg










〈つくりかた〉

① ごはん(250g)を水洗いしてザルにあけ、水切りしておく。

② 大根をおろす。(おろして200g) おろし金の細かい目でゆっくりと丁寧に。

③ 水を600cc沸かし、①のごはんを入れ、塩をばらりと振り、煮立ったら弱火にして6分間煮る。

④ おろした大根を入れて、ぐらりと来たらできあがり。


P的に、塩は多めに振るのが良いと思います。

シンプルですが、さっぱりしていて、とてもオイシイ!

淡白で素朴な味でした。


Pは、残り物の冷飯を適当に使ったので、だいたい分量通り?位…(目分量)。

そしてザルで水洗いもしていません(…端折った)。

だしを入れたり、醤油や酒を加えたりすると、もっと美味しくなるかというと…かえって大根臭さが際だってしまい、よろしくない様です。薬味も不要。

そのままで食べるのがいいです。


いずれ、機会があれば江戸時代の料理本、『豆腐百珍(とうふひゃくちん)』で紹介されている料理も作ってみたいと思います。


しゃばけシリーズ第七弾、『いっちばん』、読み終わりました~。

「天狗の使い魔」というお話の中で出てくる、狐が集まる王子稲荷神社というのは、昔、東京都北区にあった装束榎の事だ~!と今回判って嬉しかった(お勉強していた甲斐があったネ☆)。

毎年、大晦日にその榎(えのき)の古木に、関東の狐達が数千余集まります。

このときの狐火で王子の人々は来年、豊作かどうかを占うのだそうです。

他に、昨年Pが遊びに行った上野不忍池や、王子飛鳥山が出てきたのでわくわくでした。

管狐(くだぎつね…竹の筒に入ってしまう小ささの狐の妖)って、確か『うしおととら』かなんかで出てきたよね?

記憶にあるけど思い出せない~。

ぱんだクオリティな、クロックムッシュです。
9e36f9d9.jpeg










『クロックムッシュ』 〈1人分〉

*材料*
・バター 10g
・小麦粉 大さじ1
・牛乳 50ml
・薄切りイギリスパン 2枚 (Pは6枚切り食パン…)
・とろけるチーズ
・(あれば)ドライパセリ

【ホワイトソースを作る】
① 耐熱容器に小麦粉、バターを入れ、電子レンジで約30秒加熱して、よく混ぜる。
② 牛乳を少しずつ加えて混ぜ、電子レンジで30~40秒加熱し、塩・こしょうで味付ける。

【レシピ】
① パンにハムをのせ、ホワイトソースを塗り、もう1枚のパンではさむ。
② ①の上にチーズをのせてオーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。
③ 仕上がりにドライパセリを振る。

出来上がり。

Pの作った方法では、チーズはパンの間にはさんでしまいます。
サンドイッチトースターをお持ちなら、それで両面を焼いて、ホットサンドにした方が美味しいと思います。
ちなみにPのクロックムッシュは、お正月の残りの厚切りハムを使っています。

お味は、なんだかぼんやり甘い感じになりました…。(ぱんだクオリティ!)
塩は多めにふった方が良いのかも?
あと、ホワイトソースを塗る前のパンに、マーガリンを塗っておいた方がきっと美味しいように感じます。

トマトやサラダを一緒に用意して楽しみたい感じで、美味しかったです。
アツアツの内に食べたほうがいいかも。
Pの時は食べる寸前に家に来客があり、暫くおあずけ状態になってしまい、冷めてましたから(涙)


クロックムッシュは、1910年、オペラ座の近くのカフェで最初に作られたといわれています。
クロックムッシュに半熟卵をのせたものが、クロックマダム。
フォークとナイフを使っていただくようです。

ごちそうさまでした☆

カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
お天気
最新CM
[03/01 P]
[02/24 深澤献]
[02/17 P]
[02/16 安藤]
[11/29 P]
プロフィール
HN:
ぱんだ(P)
性別:
非公開
ブログ内検索
坂本真綾
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り